あなたもHIVにすでに感染しているかもしれません

自宅HIV検査キット


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

HIVが日本中に拡大しています!警戒しましょう!

日本で最初のHIV感染者が報告されてからすでに 25年以上の歳月が経過して、日本人の意識からもその危険性が薄れようとしているかのようです。ところが実態は悪くなる一方です。
現在、日本全国にいるHIV感染者・エイズ患者の総数は、薬害エイズ事件の被害による人を含め、なんと1万9000人以上にもなり、さらに増加の一途をたどっています。


ここ数年、日本国内のHIVの新規感染者がどんどん増加しているにもかかわらず、なんら効果的な対策は実施されていないのです。


HIVの新規感染者数の発表データでは、1995年までは毎年200人以下だったのだが、2001年には621人、 2005年には832人、2009年には1021人と確実に増加しているのです。


また、2011年(10年12月27日〜11年12月25日)に新たに報告されたエイズ患者数が467人(速報値)に上り、過去最多水準です。


報告された新規エイズ患者の感染原因のうち、同性間の性的接触が250人で約54%、異性間の性的接触が131人で約28%を占め、年齢別では30代が150人で最も多く、40代の148人と続いています。


もはや、HIV感染は、あなたのすぐ隣にまで迫っているのです。
出会い系サイトやその類似の方法で、簡単に性交渉までいたる若い男女の傾向が、これに拍車をかけています。


問題は、もっと根深いのです。
そもそも複数の抗HIV薬を組み合わせた多剤併用療法が確立し、感染しても、そのまま日常生活を送る人も増えています。


その中には悪質にも他人に感染を拡大させて、腹いせしようとしている人もいます。
わざと他人に感染させようと出会い系他に出没しているのです。


あなたは、よく知らない相手と性交渉をした経験がありませんか?
風俗などでも、検査がもれていて、HIVをうつされるケースも増えています。こうした心当たりがあるなら、すぐに検査をするべきです。

HIVやそのほかの性病をこっそり検査できます


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ ※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。
 
 

 
HIVと中絶 浮気・不倫とHIV HIV感染者数 コンドームでHIV HIV感染リスク HIVを避けるには