あなたもHIVにすでに感染しているかもしれません

自宅HIV検査キット


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

成人T細胞白血病ウイルスの性交渉感染

成人T細胞白血病ウイルスに感染すると、重い白血病や徐々に歩けなくなる神経難病になります。
この成人T細胞白血病ウイルスは性交渉で感染する病気です。
実は、年間推定3000〜4000人もの人が、性行為で感染しているのです。


性交渉での感染者の場合、重い白血病を発症する人はほとんどないとされてきたものの、
その実態はほとんど解明されていません。


2005年から2006年の献血者で、感染が新規に判明した人が532人も発見されています。
10万人当たりの年間の感染は男性2・3人、女性6・9人とのことです。


成人T細胞白血病ウイルスには、母乳感染するケースもありますが、こちらはは発症確率が5%と高いです。
授乳前の妊娠の時点でウイルス検査を行うことで、現在、母子感染の予防を行っています。


性交渉で感染すると、神経難病は0・3%に発症すると過去にいわれていますが、詳細不明です。
2014年度から、性交渉で感染した人が発症する割合を調べるそうです。


つまり、現状では、この危険なウイルス疾患から身を守る方法は、不特定多数との交渉をしないこと
しか対処法はありません。


現在のようにSNSや出会い系など、ネットでの不特定多数のかかわりの実態からは、今後、たいへんな数の
発症が出てくる恐れもあるということです。


まだまだ未解明なところが多い、成人T細胞白血病ウイルスですが、HIVを予防することと同じ方針で、
リスクを下げるしかないというのが現状です。


 

成人T細胞白血病ウイルス記事一覧

梅毒も増えている

梅毒は性交渉時の接触感染で感染します。キスやオーラルセックスでも感染し、コンドームだけで感染予防はできません。梅毒に感染すると3週間ほどすると、リンパ節の腫れや皮膚の皮疹症状が現れます。治療しないと、どんどん進行し、数年後に神経が侵されて死に至ります。梅毒などの性感染症に感染しているとHIVに数倍感...

≫続きを読む

 

20代女性に蔓延する梅毒

不特定多数との性交渉をする人が増えているためか、日本では梅毒の流行が現在もまだ続いています。一般的な感染症の流行とは違い、HIVや梅毒については、現在、増え続けていて、非常に危険な状態です。同性間での流行は過去の話となり、現在は異性間の感染ルートが中心となって、20代の女性にも蔓延しています。HIV...

≫続きを読む

 

HIVやそのほかの性病をこっそり検査できます


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

 
HIVと中絶 浮気・不倫とHIV HIV感染者数 コンドームでHIV HIV感染リスク HIVを避けるには