あなたもHIVにすでに感染しているかもしれません

自宅HIV検査キット


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

コンドームで完全にHIVが予防できるわけではないことを知っていますか?

コンドームを使わないですむ人の行動にまさる予防法はありません。
予防とは自己抑制心を養うことであり、性欲をいかにコントロールするか、幸福に健康に生きるにはどうすれば良いかを学ぶことです。


そもそもコンドームで完全に性病が予防できるわけではないのです。
性感染症も妊娠も実際には完全な予防はできません。
外陰部病変を形成するヘルペスやコンジロームであれば、これをコンドームで完全に覆い隠すことは不可能です。


また、外陰部にまったく症状があらわれない状態のヘルペスやコンジローム感染者からであっても、ウイルス感染は起こります。
見た目で判断はできないのです。


さらには口からの感染が増加している問題があります。
HIVも口から感染するケースが増えています。淋病やクラミジアではすでに大半を口からの感染が占めています。
風俗で働く女性は口腔内に感染している人が多いため、その口から性器へ伝播されて感染拡大が進んでいるのです。
一般の若者のオーラル感染も増えていますが、それは一般に口に対してコンドームを使う人は少ないからです。



コンドームで完全にHIVが予防できるわけではない記事一覧

コンドーム着用なしのリスク

生理だから妊娠しないと確実にいえるのは三日目まで、しかも、生理と排卵出血の区別もつかないことも多く、妊娠の危険性が十分にあるのです。生理中だから妊娠しないというのは、あまりにも無知といえるでしょう。また、生理中の性行為は月経血が逆流するので、子宮内膜症になる危険性があることがわかっています。さらにコ...

≫続きを読む

 

HIVやそのほかの性病をこっそり検査できます


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ ※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

 
HIVと中絶 浮気・不倫とHIV HIV感染者数 コンドームでHIV HIV感染リスク HIVを避けるには