あなたもHIVにすでに感染しているかもしれません

自宅HIV検査キット


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

生理中は妊娠しないからとコンドームを使わないリスク

生理だから妊娠しないと確実にいえるのは三日目まで、しかも、生理と排卵出血の
区別もつかないことも多く、妊娠の危険性が十分にあるのです。
生理中だから妊娠しないというのは、あまりにも無知といえるでしょう。


また、生理中の性行為は月経血が逆流するので、子宮内膜症になる
危険性があることがわかっています。


さらにコンドームなしの性行為をすれば、クラミジア、淋病、梅毒、HIVなどの
性行為感染症に感染するリスクはもちろん高くなります。
パートナーが浮気や風俗通いをしていないから、病気をもっているわけがないと、
安心するのは早計です。


というのも、恋人がいる女性の六割に浮気経験があるというデータもありますし、
男性でももちろん同様の統計が出ています。こっそり、ないしょで、何をしているか、
実際にはわかりません。


性感染症は一度感染すると、治癒しても再発することもあります。
男性は月経血中のHIVに感染するリスクもあります。
淋菌に感染し、淋病性尿道炎になることもあります。


コンドームなしの性行為は生理中であっても、してはなりません。
HIVの感染リスクを高めるだけではなく、さまざまな性行為感染症になる
危険性があるのです。そして、望まない妊娠は、女性の心身を傷付けます。


オーラルセックスも危険です。クラミジアや淋病、性器ヘルペスなどは、もちろん、
HPV(ヒトパピローマウイルス)もまたオーラルセックスで感染します。
子宮頸がんを起こす病原体であり、男性には尖圭コンジロームを発症させて、
そこから陰茎がん、肛門がん、咽頭がんなどを発生させてしまうのです。


 

HIVやそのほかの性病をこっそり検査できます


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

 
HIVと中絶 浮気・不倫とHIV HIV感染者数 コンドームでHIV HIV感染リスク HIVを避けるには