あなたもHIVにすでに感染しているかもしれません

自宅HIV検査キット


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆
日本では、先進国では珍しく現在、HIV感染者が急増しています。2008年の1年間に国内で新たに報告されたHIV感染者は1113人、発症患者は432人で、いずれも過去最多です。安易に性交渉をする風潮に加えて、外国人も多数かかわっているようです。


2013年には1500名を超える新規感染が報告されました。新たな感染者は20代と30代で全体の7割近くを占める一方、50代以上も増加しています。
このような状況になった原因の一つには、インターネットの普及により、不特定多数の相手との性交渉が増えていることが考えられます。


HIVの出現により、人類は、性道徳を真剣に見直す必要に迫られています。
不道徳に対する神の裁きと言っている人たちもいます。AIDS(エイズ)とは後天性免疫不全症候群の略称です。
HIV(ヒト免疫不全ウィルス)というウィルスの感染により、免疫システムが壊されて免疫機能が働かなくなる病気です。


エイズによって免疫力が落ちるため肺炎などの重篤な感染症にかかりやすくなります。
HIVに感染したからといってすぐにAIDSになるわけではありません。無症状のHIVキャリアという時期(平均10年)があり、その後発熱を繰り返したり体重減少があるなどの症状が発生します。そしてカリニ肺炎やカンジダ症などの複数の感染症になってはじめてAIDSと診断されます。


HIV感染以外にも、子宮、卵管へと感染が進み不妊の原因となる性器クラミジアは、STD(性行為感染症)の中でもきわめて感染力が高い病気で、若い女性を中心に今、最も増加しているSTDです。性器クラミジアは男性が感染すると、尿道に軽いかゆみや熱っぽさを感じ、尿道から白い膿が出ます。排尿時に強い痛みを感じます。放っておくと、頻尿、排尿困難、排尿後出血が出現し、さらには、前立腺、副睾丸に炎症が広がり、不妊の原因 にもなります。


「梅毒トレポネーマ」の感染によって発症する梅毒も増加傾向にあります。妊婦から胎児に母子感染し、重症化や後遺症の恐れがある先天梅毒も、今後増加が心配されいます。
感染研が13〜19年の全国の医療機関からの報告を分析したところ、15年には509人だった患者数が18年は637人、19年は737人と、前年を約100人も上回っています。これからの時代、風俗店への出入りは、しないほうが賢明です。
女性も、インターネットでの出会いはもちろん、ネット以外の関係であっても、相手の行状をよく確認し、不特定多数との交渉や風俗店への出入りのある人とは、できるだけ性交渉しないことです。心配があるなら、保健所や病院で、まず検査を受けてもらうようにしましょう。通販でも自宅で匿名で検査できるキットが購入できるので活用するのも一つの方法です。

HIVやそのほかの性病をこっそり検査できます


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ ※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

 
HIVと中絶 浮気・不倫とHIV HIV感染者数 コンドームでHIV HIV感染リスク HIVを避けるには