あなたもHIVにすでに感染しているかもしれません

自宅HIV検査キット


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

子宮頚癌

子宮頸がんは、性行為の経験がある女性なら誰もがなる可能性のある病気です。
処女は100パーセントかからない癌だという子宮頚癌は、
ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが感染して、発生する癌です。


性行為により感染したウイルスは、細胞の癌化を引き起こします。
感染しても、多くの場合は、免疫の働きによりウイルスは排除されます。
ふつうは感染しても一年のうちに70パーセントの人でウイルスは死滅します。


二年のうちに90パーセントの人でウイルスは死滅します。
しかし、最終的に10パーセントの人で、ウイルスは持続感染します。
これがキャリアと呼ばれる状態です。ウイルスを運ぶキャリアになるのです。


そして、キャリアのうち、10パーセントの人に上皮内癌が発生します。
上皮内癌の時期に子宮癌検診で発見できれば、完治できますが、
子宮癌検診を受けないまま見過ごされることで、その30パーセントが、
浸潤癌(ステージIの癌)に進行していくのです。


上皮内癌は「ステージ0」であり、非常に初期の状態であるので、
子宮の入り口をくりぬく手術で完治させることができます。この手術なら日帰り手術でもできます。
しかし、「ステージI」になると、子宮頚部を部分切除しなければ治せません。


進行が非常に早い癌でもあるので、「ステージU」になっていることもあり、
こうなると子宮全摘しなければなりません。
癌でしばしば治癒の指標になる五年生存率でいえば、ステージTは87パーセント。
ステージUは75パーセントです。手術を受けると、性行為が難しくなることがほとんどです。


それは切除により膣が短くなり、膣周囲の組織が固くなり、痛みが生じやすくなるのと、
子宮全摘で女性ホルモンも減少するため、気持ちよさが低下するためです。
子宮全摘は手術の後遺症として、排便障害や排尿障害をおこすことも多く、
尿意を感じないといった生活上の不都合をおこす場合もあります。
子宮癌検診は性的活動期にある女性には大切なのです。


サーバリックスやガーダシルという子宮頚癌ワクチンが日本でも認可されましたが、
これらのワクチン接種でも予防率は七割でしかありません。
もちろん、七割予防できれば、すばらしいといえるのかもしれません。


副作用が騒がれていますが、副作用による死者はいまだ一人も出ていません。
ワクチン接種後に発熱、頭痛、歩行障害、腕に力が入らないなどの症状が報告されています。
しかし、世界の150ヶ国で広く普及していて、世界中でワクチン接種を中止すると決定した国はまだありません。


日本国内ではすでに累計800万回以上もワクチン接種がされているのです。
それで直接の死亡者は出ていません。


ワクチンも大事ですが、性行為で感染するというHPVの性質を理解することが肝心ではないでしょうか。
初体験が16歳以下の女性は、初体験が19歳以上の女性に比べると、子宮頚癌が16倍も多いことがわかっています。


初潮から一年以内に初体験をすませた場合、初潮から10年以上経過して
初体験をすませた女性よりも、子宮頚癌が26倍も多いことがわかっています。


これは、不特定多数の男性と性行為を行えば行うほど、HPVに感染し、
そして子宮頚癌にもなりやすくなるということを意味しています。


つまり、若者の性道徳を正し、結婚を前提とした貞操観念のある相手としか
性行為をしないように教育すること、そして、20歳を過ぎるまでは、
安易な性行為を厳に慎むことを中学校や高校での教育の場で教えるべきなのです。


ところが日教組などは、ワクチンさえ打てば、自由意志に任せてよいかのような
間違ったメッセージを子ども達に与えているのが実情です。


神様というものがあるのであれば、HIVやHPVのようなウイルスを
人間の性的放縦への戒めとして創造したという見方もあながち否定できないでしょう。
子宮癌の問題を考えるとき、天地自然の采配に思いをはせることになるのです。


 

HIVやそのほかの性病をこっそり検査できます


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

子宮頸部の癌は性行為感染症?関連ページ

子宮頸がんワクチン
HIVが急速に日本に蔓延しています。 安易な行動のため意外なところから感染していることを知っていますか?
オーラルセックスと癌
オーラルセックスはHIVだけではなく癌の原因になるパピローマウイルスへの感染も増加させます。

 
HIVと中絶 浮気・不倫とHIV HIV感染者数 コンドームでHIV HIV感染リスク HIVを避けるには