あなたもHIVにすでに感染しているかもしれません

自宅HIV検査キット


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

女性器をなめると癌になる

著名な俳優が、咽の癌にかかりました。その原因として、女性器をなめる行為のやりすぎといわれたとのことです。こうした、いわゆるオーラルセックスにはどんな危険性があるのでしょうか。
実は、オーラルセックスで、男性が女性器をなめる場合、女性がパピローマウイルスの保菌者であれば、そのウイルスが感染する可能性があることがわかってきています。パピローマウイルスは、女性には、子宮頚部癌を起こす大きな原因として知られています。


このパピローマウイルスに男性も感染するというのです。しかも、女性器をなめる行為で男性の口腔内に侵入したパピローマウイルスが、やがて、男性の咽に癌を起こすということが明らかになってきたのです。男性の咽の癌の原因としてもっとも大きいのは喫煙習慣です。
そのため、喫煙習慣がある男性が、オーラルセックスを頻繁に行っている場合に、咽の癌にかかる可能性があるのかもしれません。


オーラルセックスは、じかに口と性器を接触させる行為なので、男性も女性も、さまざまな病気感染のリスクがあります。HIV、淋病、梅毒、そして、パピローマウイルス。このほか肝炎ウイルスもありえます。B型肝炎、C型肝炎のどちらも感染可能性があります。このようなリスクを考えても、信頼できない相手との不特定多数を対象とする性行為は危険なのです。
どこでどんな病原菌に感染するかわかりません。風俗もこの意味では危険きわまりない場所であるといえます。オーラルセックスはインターネットの普及により、アダルト系の動画が広がる中で、男性でも女性でももはや、当たり前のようになっています。性的な活動期にある男性も女性も、オーラルセックスの抱えるリスクについて知っておくべきです。


 


HIVやそのほかの性病をこっそり検査できます


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ ※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

オーラルセックスと癌関連ページ

子宮頸がんワクチン
HIVが急速に日本に蔓延しています。 安易な行動のため意外なところから感染していることを知っていますか?
子宮頸部の癌は性行為感染症?
子宮頸部に発生する癌は性行為感染症としての側面を持っています。

 
HIVと中絶 浮気・不倫とHIV HIV感染者数 コンドームでHIV HIV感染リスク HIVを避けるには