あなたもHIVにすでに感染しているかもしれません

自宅HIV検査キット


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

HIVは自然界からの人類への警告か 胎児の叫びが聞こえる

厚労省のデータでは年間30万件以上もの中絶手術が
今も日本で行われています。


つまり30万人以上の命が失われていることになります。
これは広島原爆での死者数に相当します。


その中絶手術のために子宮に障害が残り、不妊症になる事例は多く、
手術中の麻酔トラブルで死亡するケースもあります。
医療事故は多く、人目をはばかる手術であるため、事故もあまり公になりません。


本来医療とは人の命を救うものですが、中絶は殺人です。
お腹の中の子供に罪はありません。


その罪なき子供を殺す行為への自然界からの警告が、
HIVをはじめとする性病の蔓延なのではないでしょうか。


STD第一位の感染率であるクラミジアは、いまや高校生や中学生にも
蔓延しています。女性の場合、クラミジア感染の自覚症状が少ないので、
気づかないまま感染を撒き散らしているのです。


その結果、クラミジア感染による不妊症がいま増加しているのです。
クラミジアも淋病も簡単にオーラル感染します。口から感染するのです。


HPV(ヒトパピローマウイルス)による子宮頸癌のワクチン摂取が進められていますが、
感染するのはHPVだけではないのです。
HIVもクラミジアもこのワクチンでは予防できません。



 

HIV蔓延と中絶件数との関係記事一覧

HIVが急増している

厚労省のエイズ動向委員会という組織があります。ここでは日本国内のHIV感染の蔓延の状況を把握して、データを蓄積しています。データでは、40才〜60才代の新規感染者が増加しています。なぜ、高齢者の感染が急増しているのでしょうか。ひとつは、それだけ日本国内にHIV感染者が増加しているということです。それ...

≫続きを読む

 

HIVやそのほかの性病をこっそり検査できます


自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

 
HIVと中絶 浮気・不倫とHIV HIV感染者数 コンドームでHIV HIV感染リスク HIVを避けるには